Top >  お葬式のいろいろな方法 >  お葬式:納棺の際に入れるもの

お葬式:納棺の際に入れるもの

お葬式までには、納棺を行いますが、ご遺体を棺に納めた後、棺の空いているスペースに生前の愛用品や好物等を入れてあげます。 ただし、燃えにくく、残ってしまうような物や、金属製の物などは入れないようにします。 故人がペースメーカーを使っていた場合は、火葬時、爆発する恐れがある為、病院ではずしてもらいます。 アクセサリーや結婚指輪も、はずしておいた方がいいようです。 最近では、環境問題から納棺時にあまり入れないように勧められることも多いようです。 ご遺体を納棺したら、お棺に蓋をしますが、蓋の裏に僧侶に書いてもらう経文である、棺書を貼る場合は、事前に僧侶に書いてもらっておきます。 その上から棺掛けをつけて、祭壇に安置しお葬式に備えます。 どうしても、愛用品等を一緒にと思われるなら、火葬後、骨壺に遺骨と一緒に納め、お葬式後、お墓に納骨すると言う方法もあります。

 <  前の記事 お正月のお葬式  |  トップページ  |  次の記事 お葬式:密葬の場合  >